合同会社リンクス
最新情報

支笏湖 最新情報

◆2014.08.04

北海道観光スポット「今日はココ!」

今日は、国内2番目の深度を誇り、「巨大な水がめ」と呼ばれる「支笏湖」をご紹介します!

支笏湖 - [出典:Wikipedia]
4万年ほど前に形成された支笏カルデラに水が溜まったカルデラ湖である。形成当初の形状は円形であったが、カルデラの縁に恵庭岳・風不死岳が噴出したことにより、現在のようなくびれた形となった。
「日本最北の不凍湖」であるが、これは温かい水が湖の深部に残存していて水面を暖めるため、湖面の水温が下がりにくいので凍りにくくなっているためである。しかし、低温の日が続いた場合には結氷することがある。最近の全面結氷は2001年(平成13年)で、その前は1978年(昭和53年)まで遡る。
また支笏湖は、透明度の高さで有名な摩周湖やバイカル湖に匹敵する透明度を有している。環境省の湖沼水質調査では何度も日本一に認定されている。湖の北西には、北海道三大秘湖の一つであるオコタンペ湖がある。
1894年(明治27年)より阿寒湖から移入されたチップ(ヒメマス)の養殖事業を行っており、ヒメマス釣りを楽しむこともできる。

支笏湖には、無数の楽しみ方があります。今日はそのいくつかをご紹介します。

<水中遊覧船>
50人まで収容可能な大型遊覧船に乗り、水深2mの水中窓から湖のコバルトブルーをあますことなく満喫できます。
水面下には「柱状節理」と呼ばれる、切り立った崖のような光景が広がります。
カルデラ生成時に、マグマが急激に冷やされ収縮したことでできた割れ目で、支笏湖ならではの見所。
荒々しい岩や、筆で書いたような砂地の波紋など、滅多にお目にかかれない自然の造形美はカルデラ湖ならではの世界。
一度は目にしたい、まさに絶景です。

<高速艇>
広大な支笏湖の上、大自然の中を滑るように走る高速モーターボート。
日本有数の透明度を誇る支笏湖の水しぶきを上げながら、時速80kmで駆け抜ける爽快感を味わうことができます。
水上を加速していく臨場感、船を傾けて味わうスリル、真下で跳ね上がる水の涼しさを、思う存分。

<ペダルボート>
大自然に囲まれて、のんびりと自分のペースで好きなように水上を漂うことのできる、ペダルボートもあります。
抜群の開放感を、親しい人だけで独占しながらの遊覧は、思い出作りにもピッタリ。
定番のスワンボートは勿論、自転車に乗る要領で楽しめる、より開放感と浮遊感を満喫できるタイプのボートも選ぶことができます。

<キャンプ>
自然の魅力を満喫するならやっぱりキャンプ!
大きな支笏湖を囲うようにたくさんのキャンプ場が営業していて、道内でも人気のキャンプスポットになっています。
各種設備も充実していて、キャンプに不慣れな方でも存分に楽しむことができます。

ページトップに戻る