合同会社リンクス
最新情報

洞爺湖最新情報

◆2015.01.16

噂の「ロッカースキー」

前回に引き続きスキーの話題をご紹介。
「ロッカースキー」という言葉をご存知でしょうか。
2010年頃から登場した、スキー板の種類の名称です。

現在一番多く流通しているスキー板は、両端がカーブしているだけでなく、足の乗っている中央付近にもカーブがあり、平面に置くとアーチを描くような形状になっています。
「キャンバースキー」という名称がついています。

対して「ロッカースキー」は、中央部分のカーブがなく、平面に置くと両端だけが大きく浮き上がった形になるのが特徴です。
キャンバースキーに比べ接雪面が少ないため、短いスキーを履いたように扱いやすく、新雪や悪雪のコンディションの悪い雪でも、あまり影響を受けずに滑ることができます。
ここ最近気温が高く、いまいちゲレンデのコンディションが安定しないので、体験してみるにはうってつけかもしれません。

ほとんどのスキー場では各種板のレンタルも行っているので、自分の板をお持ちの方も、たまには違った種類の板で一味違う雪の感触を味わうのもいいですね。

ページトップに戻る